山野草情報

山野草情報(2020/3/26更新)

マキノ自然観察倶楽部さんより、マキノ高原から赤坂山、黒河峠周回コースの花の開花状況についてレポートいただきました。

今日の赤坂山の花の開花状況です。

シハイスミレ、タムシバ、ヒサカキ、オオバクロモジ、ヒメヤシャブシ、キンキマメザクラ、マルバマンサク、アセビが見られました。

ブナの木平のところからオオバキスミレが見られますが、赤坂山、黒河峠、マキノ林道でもまだ葉っぱも出ていませんでした。

ブナの木平を過ぎて川沿いの所は早くからトクワカソウが咲きますが、今日もそこはよく咲いていました。それより上の、日当たりの良いところではつぼみ、黒河峠から林道を降りたところにも少し咲いていましたが、いつも標高の一番低い所で咲くマキノ林道の舗装が終わった所周辺では、まだつぼみもありませんでした。

カタクリはどこも葉っぱが出てきたところでした。ブナの木平より上では、ショウジョウバカマが次の堰堤の上で1か所、バイカオウレンは明王の禿の手前にもありました。三国山湿原からの登山道にはショウジョウバカマが所々で見られ、峠からの林道にはよく咲いていました。林道では、黒河峠から山陰型タチツボスミレ、少し降った所でミヤマカタバミ、道が掘れて傷んでいた所から下では、スミレサイシン、ナガバモミジイチゴ、ダンコウバイが見られました。舗装された道から下では、アツミカンアオイが見られました。最後、県道に出る所のヤマザクラが少し咲いていました。

雪は明王の禿と三国山分岐の間の分岐に近い所には少し残っていました。結局、日当たりのよい所はいつもより早く咲いている感じです。昨年は26日に寒風の下の谷を遡って行った時、ショウジョウバカマ、ダンコウバイが咲いていましたので、少し早い感じです。

トクワカソウは昨年4月6日に乗鞍岳の電波塔からブナの森に入ったところに咲いていましたので、赤坂山の周辺では今日現在つぼみもまだなので、全般的には少し早いくらいかと思います。