山野草情報

山野草情報(2020/3/26更新)

マキノ自然観察倶楽部さんより、マキノ高原から赤坂山、黒河峠周回コースの花の開花状況についてレポートいただきました。

今日の赤坂山の花の開花状況です。

シハイスミレ、タムシバ、ヒサカキ、オオバクロモジ、ヒメヤシャブシ、キンキマメザクラ、マルバマンサク、アセビが見られました。

ブナの木平のところからオオバキスミレが見られますが、赤坂山、黒河峠、マキノ林道でもまだ葉っぱも出ていませんでした。

ブナの木平を過ぎて川沿いの所は早くからトクワカソウが咲きますが、今日もそこはよく咲いていました。それより上の、日当たりの良いところではつぼみ、黒河峠から林道を降りたところにも少し咲いていましたが、いつも標高の一番低い所で咲くマキノ林道の舗装が終わった所周辺では、まだつぼみもありませんでした。

カタクリはどこも葉っぱが出てきたところでした。ブナの木平より上では、ショウジョウバカマが次の堰堤の上で1か所、バイカオウレンは明王の禿の手前にもありました。三国山湿原からの登山道にはショウジョウバカマが所々で見られ、峠からの林道にはよく咲いていました。林道では、黒河峠から山陰型タチツボスミレ、少し降った所でミヤマカタバミ、道が掘れて傷んでいた所から下では、スミレサイシン、ナガバモミジイチゴ、ダンコウバイが見られました。舗装された道から下では、アツミカンアオイが見られました。最後、県道に出る所のヤマザクラが少し咲いていました。

雪は明王の禿と三国山分岐の間の分岐に近い所には少し残っていました。結局、日当たりのよい所はいつもより早く咲いている感じです。昨年は26日に寒風の下の谷を遡って行った時、ショウジョウバカマ、ダンコウバイが咲いていましたので、少し早い感じです。

トクワカソウは昨年4月6日に乗鞍岳の電波塔からブナの森に入ったところに咲いていましたので、赤坂山の周辺では今日現在つぼみもまだなので、全般的には少し早いくらいかと思います。

 

日帰り+テント泊受付開始

日帰りorテント泊で!80km踏破を目指そう!

日帰りと、アプローチが厳しいエリアはテント泊で、効率よく縦走がおすすめ!

テント泊の背負う荷物は、日帰り登山に必要な荷物だけ。その他の荷物・テント・水などはテント場まで運ぶサポート付き!

テント場では、携帯電話やデジタルカメラの充電ができます。
夕食は、ご希望の方は食材費相当分のご負担で皆さん揃って楽しい夕食会を企画いたします。

テント、マットのレンタルもご準備できます。毎回ご好評いただいています、楽々のテント泊で初心者の方も安心です

テント泊参加ができない方は、別途日帰りを企画いたします。詳しいことは、お問い合わせ下さい。

第1回お申込み(日帰り) ⇒ コチラ

第2回お申込み(日帰り) ⇒ コチラ

 

 

 

 

 

 

トレイルスルー日程決定

ご好評をいただいています、トレイルスルーの日程が決定し、併せて募集を開始いたしました。

 第1回 5月2日(土)~5月4日(月・祝)

詳細はこちら → リンク

  第2回 9月19日(土)~9月21日(月・祝)

詳細はこちら → リンク

毎年、ご好評をいただいております。メールや、電話でのお問い合わせを多くいただいております。テント等のレンタルもできますので、詳細につきましては、お問合せ下さい。

尚、第1回5月は大変多くのお問い合わせをいただいておりますので、お早めにお申し込み下さい。

 

 

 

 

 

本日の寒風峠〜大谷山〜粟柄越

2017年10月27日の大谷山周辺の様子です。

コース:マキノ高原 → 寒風 → 大谷山 → 寒風 → 粟柄越 → マキノ高原

マキノ高原
センブリ
リンドウ
落ち葉の絨毯
サルトリイバラの実

木のてっぺんから紅葉が進んでいます
杉の紅葉
カエデが赤く色づいています
ブナ林
ブナの紅葉
きのことブナの実
ブナ林の紅葉

山頂付近のブナはオレンジに紅葉しています
寒風〜大谷山
大谷山山頂
日本海が見えます
大谷山山頂からみた竹生島

寒風〜粟柄越

山あいの集落
赤坂山へ向かう尾根道
赤坂山方面へ続く縦走路
草稜
粟柄越〜マキノ高原
鮮やかな紅葉

下山途中の水場
見事な紅葉
夕日に照らされて

 

参考コースタイム:
 9:10 マキノ高原出発
11:40 寒風
12:30 大谷山
13:30 寒風
14:30 粟柄越
16:10 マキノ高原