四季の楽しみ


オールシーズントレイルへのお誘い

 この地域には可憐な花を咲かせる山野草が多いことで知られています。
日本列島の真ん中に位置することや雪の多さが作り上げた、自然の素晴らしい贈りものかもしれません。
早春の雪を割って咲き始める坐禅草から、初夏の湿原を彩るカキツバタにいたる花カレンダーは多彩です。
扇状地に自生するエドヒガン、淡雪のようななタムシバ、岩場に群落をなすシャクナゲなど樹木の花も多いことは特筆されます。
ひと雨ごとにブナ林の新緑が美しさを増し、歩くと汗ばむ季節になると、しっとりとした沢ぞいの道を歩くが楽しくなります。

banner

 山上は隆起準平原の地形が多く残り、源流域は傾斜が緩やかで歩きやすいことは驚くほどです。 しっとりとした森は心地よく、ブナ林が日射しを遮ってくれる水源の森は暑さを忘れさせてくれます。
混生林の秋は様々な木々が一年で最も個性を発揮する季節かもしれません。
紅葉の赤から黄色のグラデーションで山は覆い尽され、尾根筋に点在する濃い緑の三角のシルエットのアシウスギやモミがそれを引き立てています。

banner

 こうした時期に掘り込まれた峠道を歩くと、様々な形、大きさ、色あいの落葉が堆く積もり、歩くと登山靴が埋まってしまうくらいです。
そして木枯らしが吹き、雪の季節となる。空はどんよりと鉛色の雲が垂れ込め、山里はしぐれが続き、森や山は深い雪に覆われます。
スノーシュ−で分け入ると、草原や混生林の山は装いを新たにして幻想的な風景が広がり、雪面に残された多くの動物の足跡を見ることができます。

banner

 春夏秋冬、手軽に楽しめる中央分水嶺・高島トレイルへ。

banner

トレイルの季節カレンダー

3月 マルバマンサク、ダンコウバイ/残雪

4月 タムシバ、ヤマザクラ、エドヒガン

5月 トクワカソウ(イワウチワ)、オオイワカガミ、ホンシャクナゲ、トキワイカリソウ、
   ユキグニミツバツツジ、ショウジョウバカマ、オオバキスミレ、カタクリ

6月 卯の花(ウツギ)、ヤマボウシ、コアジサイ、ササユリ、ギンリョウソウ、カキツバタ

7月 ブナ林新緑、キンコウカ、ナツエビネ/ヒグラシ、カジカガエル、ハッチョウトンボ、ホタル

8月 ヤマジノホトトギス、オカトラノオ、ヒヨドリバナ/キリギリス

9月 キタヤマブシ(トリカブト)、ミズヒキ、カリヤス(ススキ)

10月 エゾリンドウ、ナナカマド/アキアカネ

11月 ブナ林紅葉/雲海/水鳥飛来

12月 新雪

1月 積雪/樹氷

2月 ヤブツバキ、ザゼンソウ/深雪

Copyright(c) 2013 NPO法人 高島トレイルクラブ  All Rights Reserved.